上向き矢印

Blogs

Blogs

フォロー

--

フォロワー

--

マイページ

user
石川 周治

3 日 前

バスフィッシングは戦略をはめて楽しむ よく釣る男前の人は、「釣れたじゃなくて釣ったんですよ」と言う。...

user
石川 周治

1 ヶ月 前

Heart Films 最新作 "Gathering" 大阪上映会を開催いたします! ぜひ映画館という素晴らしい環境で...

user
石川 周治

1 ヶ月 前

スノーボードをもっと身近な物と考えてほしい。 関西に住んでいるとサーフィンが出来る海も遠いし、雪山...

user
石川 周治

1 ヶ月 前

アメリカ カリフォルニア発信ブランドBASS BRIGADEの秋冬物が入荷しました。日本では木村健太や山田...

user
石川 周治

1 ヶ月 前

フォローがまだな人は急いでください! まだまだプレミア価格で手に入れるのは早いぞ🔥🔥🔥🔥🔥 @...

user
田中 幸

9 ヶ月 前

過去4回開催してまいりましたスポタカバスツアーが今年も帰ってまりました。   SPOTAKA BUS T...

国内最大級アーバンスノーボードコンテスト COWDAY 2019 をサポーター側から見た。

  • 2019.02.27
  • view177
  • favorite0

都会でスノーボーディング 言うのは簡単。やるのは超大変。


2月19日 この時期としては異常な程気温が高い大阪梅田にあるUMEDAIガーデンに牛乳石鹸 宮崎氏と主催者の岡本圭司の姿が雪が投入されるセクションにあった。現場調査の一環で私は訪れたのだが、開催3日前の会場にそびえ立つヤグラと、赤く塗られたレールを前にすると、岡本圭司がやろうとしている事の大きさを実感した。そして何よりメインスポンサーである、まぁまぁ偉い立場の牛乳石鹸宮崎氏が最前線でスコップを持って雪を掘り返してる姿を見ると、頭が上がらない・・・この一言に尽きる。


関西在住のスノーボーダーなら一度は思った事はないだろうか? TOYOTA BIG AIRは北海道 NISSAN X TRAILは東京 BURTON RAIL DAYSは東京。

 

なんで大阪での開催が無いんだ!と

 

過去に大阪で行われたCITYコンテストは、leedさんがなんばPARKSにて開催した2回のイベントのみ。一般のスノーボーダーが参加できるコンテストとしては、COWDAYは初開催のシティコンテストになる。関西のスノーボード関連に携わる者としては、多かれ少なかれ大阪でスノーボードのコンテストを目にする事を夢見たはずだ。

 

岡本圭司の人柄


このイベントには、莫大な費用がかかっているが、ドーム球場を貸し切ったり六本木ヒルズを貸し切ったりするほどの額では無い。費用をかければそりゃ〜京セラドームでも大阪城でも出来ただろう。でも、かけられる費用は決まっている。その費用を補うのが岡本圭司の人柄ではないだろうか。

 

僕にとって彼の存在はとても大きい。2007年ぐらいからの付き合いだろうか。スポタカでサポートしていた涼の紹介で圭司と出会う事ができた。彼達が結成したHYWODってチームのサポーターにスポタカを選んでくれた。その時から圭司の軸はしっかりしていて、関西から世界に通用するチームを作りたい。とにかく目力と思いが強かった。国内最高技術を持つパークビルダー、ビデオグラファー、スノーボーダー、フォトグラファー、エディターを集結させ第一弾[HELLO]が完成した。試写会の販売記録として一晩で100本以上ビデオを販売したのは、RIOさん率いるREF(RED EYE FILM)以降の快挙である。

 

少し話は逸れてしまったが、つまり彼の人柄なしじゃこのイベントに協力するスタッフは集わない。めいほうスキー場から来た40トンの雪も、3本の巨大レールも、その他イベントに欠かせない音響、MC、ジャッジ全て彼の為ならと腰をあげた方々ばかりでは無いだろうか?少なくても我々スポタカはそうである。これは、CITYイベントを主催して開催するには圭司ぐらいの人徳がないとできない事を示している。本当にすごい男だと思う。

 

いよいよ COWDAY開催!


COWDAYは、僕たちの思い、色々な人の思いをも乗せて開幕した。目まぐるしく変化する気温に急遽、雪を運んでくれる4トンドライバーを募集したぐらい予選の土曜日は関係者全て焦っていた。14時を過ぎた辺りで曇りだし、気温も下がった為一安心。三寒四温が1日で起こったような異常気象だった・・・遥か南の海上には早すぎる台風2号の訪れもあった1日だった。

 

翌日行われた準決勝は、朝から気温も低く雪の状態はガッチリ固められていたが、素晴らしいパフォーマンスでギャラリーを沸かしていた。アプローチが壁で、人工芝が貼られた滑走面からレールのある場所までは、かなりクイックだったにも関わらず度胆を抜く圧巻な滑りは、さすが招待選手だ!と言わさんばかりの滑りだった。ボードを折る者、ひやっとするようなコケ方をする者全てに、観客の歓声は上がっていた。

 

スポタカのブースもしっちゃかめっちゃかになっていた。SEGWAYの体験に並ぶ長蛇の列、EAGLE ENERGYのテイスティングに並ぶ人、GoProのお得なパッケージの噂を聞き駆け付けていただいたお客様。本当に嬉しかったです。大阪梅田に3日間限定OPENしたスポタカは、真っ暗になった最終日も最後まで皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

 

決勝は、もう花火大会やショーを見ている感覚だった。ライトアップの照明!MCが煽るマイクパフォーマンス。DJの音楽!僕のINSTAGRAMのライブを見た人も言っていたけど、「マジで行かなくて後悔している」と(笑) このライブ感は、来た人にしかわからない。世界で戦う平昌オリンピック出場選手 国武 大晃が見た事がない回転を見せたと思ったら、US OPEN優勝選手 角野友基がスイッチ50/50からのバックリップトランスファーを出したり、それはそれは・・・しばらく夜寝れなかったぐらい興奮した戦いでした。

 

女子から始まった結果発表だったが、みんなの思いや評価が反映されたジャッジシステムだった。みんなに賞金が分配されるシステムだった為観客やジャッジの投票がダイレクトに結果に反映される今回のやり方は僕は好きだ。少し違うが、NIXON JIB FESTAの様に出てるライダーが他のライダーでヤバい奴を投票するあのシステムになんとなく似ていて、本当にヤバい奴(会場を沸かせた奴)が勝てる仕組みの様に感じた。

 

オフィシャルのリリース前に長々とブログを書かせてもらったが、本当に感動をした夢の様な3日間だった。来場者数8000人全てが、もしスノーボードやアクションスポーツに興味を持った人達ならば・・・関西のヨコノリ文化は、これから益々の発展が望めるだろう。街中に人工波でサーフィンが出来る施設が出来たり、室内ゲレンデが出来たり、パブリックのスケーボードパークが出来たり・・・ 僕たちが産まれる前から野球場、サッカー場があるメジャースポーツと違って、大阪に出来る場所が無いスポーツにどっぷりとはまってしまった僕たちは、0から場所を作ろうとしている。
COWDAYは、誰もが実現できなかった大阪の街中でのスノーボードコンテストを実現した。数年前まで誰もイメージできなかった事を実現してくれた。僕たちスポタカは、大阪心斎橋アメリカ村のど真ん中にスケートボードパークを作った。

 

今、若くて何かモヤモヤした野望を持っている人は、岡本圭司にDMを送ってみたらどうだろう?彼も最初からここまで大きな事ができる人間ではなかったはずだから・・・トヨタビッグエアーが無くなり、XTRAIL JAM / RAIL DAYSも無くなった今・・・スノーボードシーンに次なるコンテストを産み出すのはそこのあなた達かもしれません。誰が優勝したか?誰がベストトリックだったか?は、しばらくオフィシャルアナウンスを待ってほしい。

 

最後になりましたが、素晴らしい夢を見させていただいた、岡本圭司率いるスタッフの皆様に感謝と労いの言葉を贈りたいと思います。ありがとうそして大変お疲れ様でした。死ぬまでこの3日間の事は忘れないだろう。

COMMENT

このブログへのコメント